2010年02月27日

次女殺害の元バチカン大使に有罪、妻は懲役刑(読売新聞)

【アテネ=熊田全宏】ギリシャ・アテネ初級裁判所は26日、次女殺害で起訴されていた元バチカン大使の谷田正躬被告(78)とギリシャ人の妻マリア被告(68)に対する判決を言い渡した。

 マリア被告には殺人と死体遺棄、虚偽申告で懲役28年、谷田被告には死体遺棄で懲役1年7月(執行猶予3年)の判決が下った。

 両被告の次女アンフィセアさん(当時35歳)は2008年9月、アテネ郊外エビア島の自宅物置で変死体で発見された。

 当局は、マリア被告がアンフィセアさんと言い争いの末に殺害、谷田被告と2人で遺体を物置に遺棄したとして逮捕、起訴していた。マリア被告は、次女の死を自殺と偽装する工作を行った罪でも起訴されていた。

自宅マンションで女性変死=夫が所在不明−神奈川(時事通信)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)
<リコール>スズキ、日産、ダイハツが届け出(毎日新聞)
<弁護士脱税>大阪の会社役員を共謀容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
男性が線路1キロ走る 電車に遅れ 大阪(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

印刷局、財務省に戻すことも=独立法人へ天下り「巧妙」−枝野行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は20日午後、長野県佐久市で講演し、財務省所管の独立行政法人国立印刷局について「高い給料をもらっている旧大蔵省OBが4人くらいいる。財務省(旧大蔵省)の一部局で昔は十分回って(機能して)いたのだから、その方が安上がりだ」と述べ、4月に行う事業仕分け第2弾で財務省の部局に戻す判断をしたいとの考えを明らかにした。
 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で、独法について「全廃を含めて抜本的に見直す」と明記。昨年秋の事業仕分けで、国立印刷局は「独法のあり方を含めて抜本的に見直し」との評価を受けた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外(医療介護CBニュース)
大阪府警、児童虐待事案をデータベース化へ(読売新聞)
馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り(産経新聞)
自民が審議復帰=議長不信任案など否決−衆院(時事通信)
内部留保課税 首相「共産が持ってきたから検討」(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

月内に複数案、米と協議を=普天間移設で北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は20日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、月内に政府・与党の検討委員会で候補案をリストアップし、米側や地元自治体との協議に入るべきだとの考えを明らかにした。山口県岩国市内で記者団に語った。
 北沢氏は「検討委として2月中にまとめてほしい。案は複数でもいい。それを公表するかどうかは分からないが、米側や地元自治体、沖縄と擦り合わせてほしい」と強調。「そうしないと5月末までに解決しない」と述べた。さらに、検討委への提示が遅れている社民、国民新両党の案も、米側などとの交渉の対象になるとの認識も示した。
 北沢氏によると、こうした考えを、検討委委員長の平野博文官房長官に伝えており、平野氏は「努力したい」と答えたという。 

【関連ニュース】
小政党「おとなしくして」=福島、亀井氏に不快感
海兵隊グアム移転、期限延長検討を=「普天間」は行き詰まり
普天間、県内移設に傾く=沖縄は不信感、決着見通せず
普天間移設「ベストを探す」=鳩山首相
普天間、県内移設の可能性示唆=沖縄知事と会談

AA→A→評価なし タクシー会社格付け 全国で導入(産経新聞)
<盗撮容疑>警視庁の巡査長を書類送検(毎日新聞)
「出る台」教え特別背任容疑…パチスロ店元幹部(読売新聞)
水俣病 関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)
<松下政経塾出身>「自民から出馬」希望 民主「空き」減り(毎日新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。