2010年04月29日

矢野氏「舛添代表を頂点に、元気な日本を取り戻す」(産経新聞)

 矢野哲朗代表代行「座ったまま失礼をいたします。会長代行、代表代行でありますか、参議院の矢野哲朗でございます。今日は足下の悪い中、報道陣の皆さん、関係者の皆様、本当に多数の方にご参加をいただきました。心から感謝申しあげます。そして、このことが、いかに舛添(要一)代表が、いかに国民的な期待が大きいか、その裏付けだとも思います」


 「政権交代が行われたんでありますけれども、鳩山政権、迷走を続けております。しかしながら、自民党に対する支持感がまだ回復してないことも事実だと思います。舛添代表、自民党内でもってなんとしてでも政権復帰。この思いで努力をさせていただいた。しかしながら、彼の発言等々が、ややもすると誤解され、そして執行部に対しての批判勢力というような位置づけでどんどんどんどん窮地に追いやられたことも事実であります。あのまま党内で行動されたならば、私は 党内で埋没してしまう。そういう恐れさえ感じました」


 「半面、まさに暗雲たれこめた今の日本の状況。国民の皆さん、一日でも(早く)この急場を脱却したい。その期待に舛添代表に対する期待感は相当大きなものがあろうと思います。われわれ、政治に携わる一員としまして、この国民の期待に応えて、舛添代表を頂点にして、早く元気な日本を取り戻そう。こういう一つの思いが必要なんではないかな、そういった思いでもってこの5人は問題を共有をさせていただきました」


 「(5人というのは)代表以下であります。ですから、その点においての共通な問題意識の中で今、国民の期待に応えていこう。そういう思いで6人は一つであります。その思いについては私利私欲、個利個略はまったくありません。そういう思いで今後、舛添代表が国民の期待にしっかり応えて、日本の政治の中心になるようわれわれ6人、一つになって7月の参院選に向けて精いっぱいがんばっていこうと思ってますんで、ご理解、ご支援、そして温かく見守ってほしいなあと、そんな思いを述べさせていただいて、開会宣言と指せて頂きます。どうぞよろしくお願い申しあげます」【関連記事】

舛添氏「新党改革」の結党を正式発表
舛添氏に自民、厳格処分方針 参院選へ警戒見え隠れ
舛添氏 離党届提出 きょう「新党改革」結成
矢野氏「舛添さんを支えたい」 参院選出馬に含み
舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

市税300万円が不明=現金徴収分の一部−千葉・船橋市(時事通信)
災害救助や指紋採取の体験を=警察博物館で特別展−警視庁(時事通信)
富士山で不明の男性、遺体で発見(時事通信)
ローソンに脅迫文、現金要求=カッター刃商品との関連捜査−警視庁(時事通信)
「石のまち」から大変身 千葉・金谷がデートスポットへ(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 12:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

<障害者自立支援法>「机上の空論作らぬ」定期協議で厚労相(毎日新聞)

 東京地裁で21日、障害者自立支援法違憲訴訟が和解し、集団訴訟がすべて終結したのを受け、同日午後、原告側と政府の「基本合意」の進展を検証する初の定期協議が開かれた。この後、首相官邸を訪れた原告側と面会した鳩山由紀夫首相は「自立支援法でご迷惑をかけて申し訳ない。新しい法律を作り上げる願いを皆さまと共有している」とあいさつした。【野倉恵】

 基本合意は▽同法を廃止し13年8月までに新法を制定し、策定に障害者が参画▽制度の谷間を作らないための障害範囲見直し▽低所得者の医療費負担を当面の重要課題とする−−などの内容。定期協議で長妻昭厚生労働相は「机上の空論で政策を作らず、現状をつぶさに把握したい」と述べた。

 原告だった秋保喜美子さん(広島県)や家平悟さん(東京都)らは▽応益負担の速やかな廃止▽利用実績に基づく日払い制度で減った施設の報酬を、月払い制度に戻す▽地方分権推進でサービスの地域差を拡大させない−−など10項目を求めた。政府側は「検討する」(山井和則政務官)などと答えるにとどまった。

 今後の新法制定は、財源など課題が山積する。支払い能力に応じた負担とする方向で▽現行の障害程度区分見直し▽難病や発達障害、高次脳機能障害など範囲見直し、などが焦点。低所得者の医療費無料化(財源約200億円)も不透明だ。協議の場となる政府の「障がい者制度改革推進会議」は専門部会を今月下旬、発足させる。

 官邸では、脳性小児まひの和歌山市、大谷真之さん(35)が「障害者の多くが生きるか死ぬかの思いをした。一人一人が夢と希望を持って暮らしたい」と述べた。鳩山首相は床にひざをつき、約60人と懇談した。

【関連ニュース】
自立支援法訴訟:東京地裁でも和解成立 一連の14件終結
障害者自立支援法:「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める
障害者自立支援:「1割負担訴訟」旭川地裁で和解成立
名古屋地裁:点字訴状を受理 梅尾さん「障害者の励みに」

足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)
医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)
【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

<児童買春>男児ポルノを摘発 専門サイト主宰の男逮捕(毎日新聞)

 少年のわいせつな映像を撮影してインターネットで販売していたとして、埼玉県警は15日、川崎市中原区中丸子、デザイナー、小林葉介被告(29)と19歳の少年3人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春、製造、提供)などの疑いで逮捕した、と発表した。国内の男児ポルノ専門サイトの摘発は初めて。

 容疑は、昨年12月、神奈川県内のホテルで東京都内の当時中学1年の男子生徒(13)に現金3万円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。小林被告は「3年前から販売していた」と供述し、他の3人も認めているという。小林被告は既に同罪で起訴されている。

 県警などによると、小林被告はネット掲示板などに「3時間で30万円以上」「夢を持つ少年をサポート」などと書き込んで男児を誘い出し、首都圏のホテルなどでわいせつ行為や撮影を繰り返していたという。撮影したDVDを1本数万円で販売していたとみられる。

 小林被告が開設したサイトには、小中高生少なくとも約50人の顔が出ていた。下半身の無修整画像もあった。サイトは英語と中国語でも書かれ、小林被告は英中のほかウクライナなどの外国銀行に顧客からの振込口座を開設していたという。

 児童ポルノの販売やネットなどへの掲示を禁止する児童買春・児童ポルノ禁止法は99年、欧米などから「児童ポルノの輸出国」との非難を浴び、議員立法で成立した。現在は「単純所持」の処罰化議論が続いている。しかし、今回のサイトも3年以上野放しだった。女児に比べ見過ごされがちな男児を含めたポルノ被害に、法律の整備が追いついていないのが実態だ。【町田結子、飼手勇介】

【関連ニュース】
中尊寺:僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い
強制わいせつ:容疑の消防士逮捕 夜行バス車内で女性触る
強制わいせつ:消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り
容疑変更:被害者に配慮「強姦」に 大分県警
広島女児殺害:父親極刑求める 差し戻し控訴審

<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず−警視庁(時事通信)
「国産100%」実は外国産100% 神戸の精肉店(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。