2010年04月21日

無人貨物船に試料回収機能=15年度実現へ、開発室設置−宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構の立川敬二理事長は15日の記者会見で、H2Bロケットで国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人貨物船「宇宙ステーション補給機(HTV)」を片道の使い捨てではなく、ISSでの実験成果の試料を地上に持ち帰れるよう、回収機能を付ける方針を明らかにした。今月から「宇宙ステーション回収機研究開発室」を設置しており、2015年度の実現を目指す。
 立川理事長はまた、宇宙科学研究所が開発してきた固体燃料ロケットシリーズの後継機となる小型ロケット「イプシロン」の開発に本格着手し、13年度の試験1号機打ち上げを想定していることを明らかにした。イプシロンは3段式で、H2Aロケットの大型補助ロケットSRB−Aを第1段に利用する。主に小型科学衛星を安く打ち上げることを目指している。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」

舛添、東国原氏あす会談(時事通信)
<現金輸送車襲撃>2被告、起訴内容認める 津地裁初公判(毎日新聞)
<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」(産経新聞)
<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。