2010年01月29日

地元同意なし「許されるのか」=平野長官発言を批判−稲嶺氏(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進次期市長は27日午前、平野博文官房長官が地元の同意がなくても米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先の決定はあり得るという趣旨の発言をしたことについて「そんなことが本当に許されるのか」と批判した。市内で記者団に語った。
 稲嶺氏はまた「アメリカ政府との合意は守るが地元との合意は守らないというのは矛盾している。政府の目線はどこにあるのか」と述べ、政府の対応にも不満をあらわにした。 

【関連ニュース】
平野長官発言で解決困難に=自民幹事長
「徳之島案」否定せず=普天間、ゼロベースを重ねて強調
参院予算委の詳報
平野官房長官の発言要旨=普天間移設問題
普天間移設「あらゆる選択肢」=答弁書を閣議決定

<沖縄ひき逃げ>米兵を追起訴 読谷村・男性死亡(毎日新聞)
常連客らと次々交際、うそ重ね金無心…上田容疑者(読売新聞)
<映画「アバター」>興行収入歴代1位 全世界1687億円(毎日新聞)
自殺防止策強化へ=福島担当相(時事通信)
虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。