2010年02月06日

08年度決算を質疑=参院委(時事通信)

 参院決算委員会は4日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して2008年度決算について質疑した。民主党の柳沢光美氏は、「来年度末に973兆円に達すると見込まれる国の債務残高は危機的だ」として、財政再建に向けた政府の具体的な取り組みを問う。
 午後は自民党の丸山和也氏が、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件を取り上げ、首相の姿勢をただす。続いて、公明党の荒木清寛、共産党の仁比聡平、社民党の又市征治の各氏が質問に立つ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

JR函館線が運転再開=事故の特急車両撤去−北海道(時事通信)
<党首討論>17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公(毎日新聞)
<山崎前副総裁>自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
「いのち」連発、初の施政演説に鳩山カラー(読売新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。