2010年06月19日

【相撲界野球賭博】時津風親方も賭博認める 警視庁聴取(産経新聞)

 大相撲の野球賭博問題で、時津風親方(元幕内時津海、本名・坂本正博)が警視庁組織犯罪対策3課の任意の事情聴取を受け、賭博への関与を認めていたことが18日、捜査関係者の話で分かった。時津風親方は日本相撲協会に対し、野球賭博へ関与したことを認める上申書も提出していたという。

 野球賭博は主に暴力団が胴元とされることから、警視庁は角界と暴力団の不透明な関係について実態解明を急ぐ。

 日本相撲協会が全協会員を対象とした賭博の実態調査では、計29人が野球賭博への関与を自己申告。協会は琴光喜関以外の力士らの名前は公表していないが、幕内の豊響関(本名・門元隆太)と豪栄道関(本名・沢井豪太郎)が自己申告していたことも新たに判明した。

 角界の野球賭博をめぐり、警視庁はこれまで、大関琴光喜関(本名・田宮啓司)、大嶽親方(元関脇貴闘力、本名・納谷忠茂)らから任意で事情聴取を行っており、ともに賭博への関与を認めている。また、賭博に絡んで琴光喜関から現金約300万円を脅し取ったとして、恐喝容疑で元暴力団組員とみられる男を立件する方針を固めている。

 警視庁の事情聴取を受けた時津風親方は、大嶽親方とともに、琴光喜関から賭博に絡む恐喝被害の相談を受けていたという。

【関連記事】
時津風親方、ギャンブル好きの横顔も 相撲界野球賭博
相撲協会あたふた 賭博調査に主体性なく
野球賭博汚染拡大 場所返上でウミ出し切れ
1人で5時間電話も…苦情や抗議、相撲協会に殺到
「大相撲は存亡の危機」鈴木文科副大臣 野球賭博問題で
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

私服警官を客引き 風営法違反容疑でキャバクラ従業員を逮捕(産経新聞)
財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け(産経新聞)
宮崎、日向両市でも口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
両陛下が岐阜の淡水魚水族館を視察(産経新聞)
梅雨まだぁ?農家やきもき、ビアガーデン笑顔 きょう「入梅」(産経新聞)
posted by ナカザワ フミコ at 04:41| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

一龍斎貞水さん 肺がん手術で入院(毎日新聞)

 怪談噺(ばなし)で知られる人間国宝の講談師、一龍斎貞水さん(70)が肺がん手術のため入院していることが11日分かった。

 関係者によると、貞水さんは4月に肺がんが見つかり、今月1日に手術を受けた。回復は順調で今週中にも退院し、7月7日に高座復帰する予定という。

「菅効果」V字回復、熱気の両院議員総会(読売新聞)
強風で野球用ネット倒れ、小4頭打ち死亡(読売新聞)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
病院53歳部長を逮捕 元カノ27歳に脅迫・中傷メール(産経新聞)
公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)
posted by ナカザワ フミコ at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

<投資ファンド>悪質横行…証券監視委の検査追いつかず(毎日新聞)

 広く出資金を集めて運用する「投資ファンド」を巡るトラブルが最近相次いでいる。証券取引等監視委員会の勧告を受けて金融庁は6月3日、競走馬に出資して配当を得る「競馬ファンド」の運営業者の資金管理がずさんだったなどとして、金融商品取引法違反で1カ月の業務停止処分とした。このケースでは配当するはずのレース賞金を借金返済に充て、別の資金を配当に回すなどのずさん経理にとどまっていたが、別の投資ファンドでは実態がないにもかかわらず出資金を集めるなど悪質な事例も目立つ。【松谷譲二】

 金融庁は2月、南米エクアドル沖で大航海時代に沈没したスペイン船から宝石や金貨を引き揚げ、利益を配当することをうたい、約400人から約8億円を集めた東京都内の発掘ファンドを2カ月間の業務停止処分とした。引き揚げは実現されずに突然契約を打ち切り、8億円の半分は使途不明になっている。

 ポップアート画で人気の現代美術家、奈良美智(よしとも)さんの絵画を共同で買い、転売して利益を配当するとうたった業者も同月、業務停止3カ月の処分に。投資家の勧誘を無登録業者にさせていた上、約60人から集めた出資金のうち約1億円が使途不明になっていた。

 登録・届け出されたファンドは現在約4000社に上り、業務停止や登録取り消しの行政処分を受けた業者は11件にとどまるが、監視委関係者は「業者が多過ぎて検査が追いつかないのが現状」と指摘する。「検査後に社名を変えて違う商売を始める業者もいる。手を替え品を替え利益をむさぼる手口に注意が必要」という。悪質なケースは警察当局が詐欺事件として摘発することもある。

 無登録業者による被害も相次ぐ。昨年7月、全国の2万人から総額100億円超を集めたとみられる札幌市の無登録ファンドが、契約と異なって配当を滞らせた上、出資金も返還していないとして、北海道警が捜索に乗り出した。元会員ら100人超が損害賠償を求めて係争中だ。

 国内に無登録業者がどれだけ存在するかのデータはない。限られた人員の監視委は無登録業者を調査したことはないが、金融商品取引法の改正に伴い、6月8日からは全国の財務局も検査できることになった。

 ファンドの実情に詳しい「良質な金融商品を育てる会」の永沢裕美子事務局長は「だまされて訴訟に踏み切っても、相手が破産し、投資金を取り戻せないことがほとんど。出資する前に業者の登録状況を金融庁に照会したり、業者の取引先の信託銀行がどこかチェックするなど最低限の確認をしてほしい」と注意を促している。

 【ことば】投資ファンド

 個人や企業などから出資金を集めて事業を運用する組織。利益が上がれば、投資家に配当金が出るが、元本は保証されないため損失が出ることもある。07年の金融商品取引法により、業者には募集や運用の規模によって登録、または届け出が義務付けられている。

【関連ニュース】
キャッツ粉飾:会計士の有罪確定へ 最高裁
無登録営業:豪州植林へ出資募る…3容疑者を逮捕 警視庁
虚偽記載:半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か
インサイダー取引:あおぞら銀の元行員を告発 証券監視委
「キャッツ」株価操作:60億円粉飾決算、有罪判決確定へ−−最高裁

<民主代表選>菅直人氏を選出 291票を獲得(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
<普天間移設>日米合意「重要な一歩」ルース大使(毎日新聞)
<民主代表選>菅直人氏を選出 291票を獲得(毎日新聞)
8日に組閣=菅氏(時事通信)
posted by ナカザワ フミコ at 17:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。